【第8話】内覧はいろいろですね

【第8話】内覧はいろいろですね|売却体験記

無口な内覧者。

 

次の週末も内覧が入りました。
今回は、すでに片づけてあったのと、前もって連絡を頂いていたので、あまりバタバタしませんでした。

 

訪れて来たのは、同年代(?)位の男性1人でした。

 

この方とは、結局ほとんど話しませんでした。
「ここ拝見してもよいでしょうか?」
というような、単発の質問はあるのですが、部屋の住み心地などは全く聞いてきませんでした。

 

黙々と部屋を確認している横で、我々はただ立っているだけ、という感じで、前回とはずいぶん雰囲気が違いました。

 

結局この方は、あまり感想もなく、お礼を言って帰ってゆきました。

 

不動産屋さんは心の支え。

 

今回とても強く感じたこと。

 

自分の家を、他人にじっくり観察されるというのは、結構、精神的に疲れるものだということを知りました。

 

どうやら無意識のうちに、タカをくくっていたようです。
「さあ、どうぞ〜ごゆっくり見てください^^」というふうに明るく案内して、「ほう!なかなか、いいお部屋じゃないですか!」とか言われちゃったりするような、そんなほんわかしたイメージを勝手に思い描いていたんですね(汗)

 

もちろんそういう場合もあると思いますが、毎回そうではないってことです。

 

購入する人と、売却する人(我々)は、もちろん違う人間だし、
価値観や想いもまったく別のところにあるのは当然です。
それが今まであまり分かっていなかったみたいです・・。

 

でも、挫折するわけにはいきません。
私と夫と、そして頼れる不動産屋さんと一緒に頑張るしかないのです。

 

そしてつくづく思ったのですが、信頼できる人に頼んで本当に良かった!
弱っているときにそばに居てくれる『住宅売買のプロ』ですから、とても心の支えになります。

 

今回、何度B子さんの感じのよい笑顔に救われたことか・・。

 

そういうわけで、2回目の内覧も、とても疲れる回となりました。
これがずっと続くのかなあ、というのが、この時の正直な気持ちでした。

 

<お役立ち情報>
私がマンションの査定に利用した『イエイ不動産一括査定』はこちらです。
査定というのは、簡単に書くと「売出価格を決めること」です。)
不動産一括査定サービスは色々ありますが、ここなら安定の老舗として安心して紹介できます♪
http://sell.yeay.jp/
イエイ不動産一括査定
※画像をクリックすると査定画面へ移動します。

 

【第9話】若くてしっかりした内覧者へ進む

 

【第7話】はじめての内覧体験へ戻る

 

マンション売却体験記へ戻る

 

【第8話】内覧はいろいろですね|売却体験記